風俗について語るならまずはこの体験談を見てください。

首都圏の風俗で求めるものとは

自分が首都圏の風俗に求めているものは快感はもちろんですけど刺激というか、「非日常感」のようなものを求めているんですよね。毎日同じ事の繰り返しでしかない自分にとって、首都圏の風俗は本当に刺激的ですが、その風俗の中でも特に非日常感があるのがデリヘルですね。首都圏のデリヘルは本当に最高です。自分の求めているものがあるかなと(笑)あまり褒めすぎるのもなんですけど、場所が変えられるっていうのが大きいと思うんです。お店だと基本的にいつも同じ場所じゃないですか。でもデリヘルの場合、同じ子でも違うホテルを利用する事で、全然違った気持ちで楽しむ事だって出来るんですよね。これって結構大きいんじゃないかなって思うんです。やっぱり性欲って気持ちによって感じ方が全然違ってきますけど、デリヘルの場合、毎回のように違った気持ちで楽しむ事が出来るんです。だからデリヘルこそ、自分の求めている風俗なのかなって思っています。それが証拠に、結構な頻度で利用していますし。

首都圏の風俗を楽しむ秘訣!

あくまでも自分自身が思っている事なんですけど、首都圏の風俗を楽しむ秘訣っていうのは女の子の存在そのものよりも自分自身にあるんじゃないかなって思っています。それを感じたのはこの前利用した首都圏のデリヘルです。自分は風俗を利用する時、いつも受身だったです。女の子がしてくれる事に対して受身というか、自分であれをして欲しいとかあまり言わないタイプだったんです。だから時には風俗なのに消化不良に感じてしまうケースもあったんですけど、この前のデリヘルの時、女の子の方からいろいろとリクエストをしてくれたんです。それで自分のしてもらいたい事をリクエストしたらしっかりと応えてくれたんです。そこで思ったんです。これが風俗本来の楽しみ方なんじゃないかなって。受身になるんじゃなくて、自分から何をしてもらいたいのかをリクエストする。だから風俗って、受身では100%の満足感を得られないのかもしれないですね。首都圏のデリヘルでそれに気付かされました。

忘れられない首都圏の風俗嬢

今までの風俗の中でも忘れられないのが首都圏でお世話になったデリヘル嬢です。その日はどの風俗を楽しもうか迷っていたんです。それで首都圏の風俗情報誌とかいろいろと見ていたんですけど、デリヘルに美人がいたので是非彼女にしようと。それで電話して呼んだんですけど、最近の風俗の子がレベルが高くなっているっていうのは自分でも理解していましたけど、彼女を目の前にした時、本当にドキドキしました。このクラスの子がいるのかと。だから、その日のプレイは実はあまり覚えていないんです。気持ちよかったって事、そして大きな満足感を得たっていう事だけは憶えているんですけど、じゃあ具体的にどんなプレイをしたのかっていうのは、実はあまり憶えていないんです。美人って事でドキドキさせられて、裸になった辺りから自分が何をしてもらったのかというか、もう記憶が吹っ飛んでしまったんです。そんな子って今までにその彼女だけっていうのもあるので、今でも忘れられないんですよ。